日本酒発祥の地「奈良」から
真美の郷 銘酒処 
 
日本酒発祥の地で南都諸白を今も醸す酒造り。
昔ながらの手造りの仕込みにこだわり、磨き抜かれた杜氏の技、
蔵人の熱意が渾然一体となる時、米の旨味を見事に引き出したお酒が誕生いたします。

 春鹿 純米 超辛口 中取り 熟成 生原酒  今西清兵衛商店 奈良市
春鹿 純米 超辛口 中取り 熟成 生原酒 純米超辛口の夏越し熟成生原酒!!
連続上槽機(俗称:ヤブタ)で搾る際に、最初に出てくる味の荒い部分と、圧力を掛けて出てくる最後の雑味の多い部分を取り除いた、いわゆる”中取り”部分だけを低温でタンク貯蔵にて夏越し熟成したお酒。
ラベルの「超辛口」文字は赤桃色箔の超限定酒です。
柔らかくて華やかな香り立ちがあります。
口当たりは柔らかく、含んだ瞬間はほんの少し甘味を感じ、その後にコクのある味わいがバランス良く広がります。
春鹿らしく後口のキレも良く、どのような料理とも相性も良い印象がします。


原料米/五百万石
精米歩合/60%
日本酒度/+13
酸度/1.7
アミノ酸度/1.2
酵母/協会901号
アルコール分/18°
貯蔵法/低温でタンク貯蔵
春鹿 純米 超辛口 中取り 熟成 生原酒 春鹿 純米 超辛口 中取り 熟成 生原酒
商品番号 商品名 単価 購入数
18474 春鹿 純米
超辛口 中取り
熟成 生原酒 1800mL
3100円
(税込3410円)

カートに入れる

商品番号 商品名 単価 購入数
18475 春鹿   純米
超辛口  中取り
熟成 生原酒 720mL
1550円
(税込1705円)

カートに入れる
クール便で発送いたします。

カートの中を見る
 春鹿 純米 超辛口 中取り 限定酒  今西清兵衛商店 奈良市
春鹿 純米 超辛口 中取り 限定酒  超辛口の選抜中取り 限定酒登場!
連続上槽機(俗称:ヤブタ)で搾る際に、最初に出てくる味の荒い部分と、圧力を掛けて出てくる最後の雑味の多い部分を取り除いた、いわゆる”中取り”部分だけを生で瓶詰め後、瓶燗急冷の一回のみの火入れ、ラベルの「超辛口」文字は赤桃色箔の超限定酒です。

僅かな爽やか系の香り立ちがあります。
口中へはするりと滑り込み、旨味と辛味が酸と相まって心地良く広がり、後口のキレも抜群、、これからの旬の料理と合わせたらいくらでも盃が進みそうなスッキリ系の辛口に仕上がっております。

原料米/五百万石(福井県産、富山県産)
精米歩合/60%
日本酒度/+12
酸度/1.7
アミノ酸度/1.2
酵母/協会901号
火入れ法/瓶燗
貯蔵法/瓶囲い
春鹿 純米 超辛口 中取り 限定酒  春鹿 純米 超辛口 中取り 限定酒
商品番号 商品名 単価 購入数
16824 春鹿
純米 超辛口
中取り 限定酒
1800mL
2800円
(税込3080円)

カートに入れる
商品番号 商品名 単価 購入数
16825 春鹿
純米 超辛口
中取り 限定酒
720mL
1450円
(税込1595円)

カートに入れる

今期分完売御礼
《一こうじ、二もと、三つくりが不可欠な超辛口》
超辛口の日本酒を造るためには、酵母に極限まで糖分を食べさせる必要があります。それには、酒母の工程で頑強な酵母を育てる事が必用です。弱い酵母では、醗酵途中で酵母が死滅し、雑味が出てしまうからです。また、日本酒は辛口になるほど、旨味が乏しくなり”うすっ辛い”味になりがちです。従って、どんな麹を造るかも大切な要素になります。そのうえで微妙なモロミの管理が不可欠となります。つまり、超辛口造りには、日本酒造りの極意ともいうべき、「麹」、「酒母」、「造り」の3つが揃っていなければならないのです。
【古川武志 杜氏コメント】
『キレを追い求めつつ味を出す。』というのが純米超辛口の毎年の命題。今年は、蒸米はやや柔らかく、製麹時間も長めにし、この純米超辛口中取りでは、汲水歩合を少なく仕込んでみました。さらに、瓶燗1回火入れをすることで、辛口でありながらまろやかな米の旨味を感じ、最後に「春鹿の超辛口を感じることの出来るお酒を目指しました。
試行錯誤というより、常に目標を高めた酒仕込みにこれからも取り組んでまいります。どうぞお楽しみください。
その他春鹿ラインナップはこちらからどうぞ

カートの中を見る
はじめての方へ 新着情報 商品一覧 ご注文の方法 お支払いの方法
送料について お問い合わせ 当店までの地図 通信販売に基づく表示 ギフトコーナー

真美の郷 銘酒処

〒635-0822               
奈良県北葛城郡広陵町平尾700−3
TEL 0745−55−1101
FAX 0745−55−1102

月曜定休日
E-mail : info@komesou.com