日本酒発祥の地「奈良」から
真美の郷 銘酒処 
 米惣よしむら
 風の森(かぜのもり)  油長酒造株式会社(奈良県御所市中本町)
蔵の玄関上の大きな酒林 風の森 櫂入れをしながら、モロミの経過を見守る岡田杜氏。
創業は享保4年(1719年)、仕込み水を汲む井戸は創業以来280余年にわたって使ってまいりました。 
この仕込み水は、葛城山麓に降った雪や雨が長い時間をかけて地層にしみ込み、地層をくぐり抜ける間にまるで自然の濾過器を通した様に、鉄やマンガン、有機物などお酒に大敵の成分を取り除いてくれています。
酒の命ともいえる良質の水を求めてこの地に酒蔵を築いたのが我が蔵の始まりなのです。そのとき以来蔵と町並みを見守り続ける鬼瓦は今も290年前と変わらず健在です。

 ALPHA 風の森  TYPE5(アルファ かぜのもり タイプファイブ) 
天然乳酸発酵と貴醸酒仕込みによる燗SAKEの探求
ほんのりと乳酸系の香りが漂って、酒色は僅かに黄金色が混じり合っております。
口中では自然に閉じ込められた炭酸ガスの刺激を伴いながら旨味酸味が心地良い甘味と共に花咲くように優しく広がります。

1,天然乳酸発酵の利用。
天然乳酸発酵の工程を酒母のプロセスに用いることで、乳酸菌の紡ぎ出す酸とアミノ酸が、酒質に複雑味と幅を与えます。

2,貴醸酒仕込み。
仕込み水の代わりに部分的に日本酒を用いることで、自然な甘みを演出し、立体感を与えます。
さらに9年古酒という年月を重ねた日本酒を用いますので、積層状に重なる奥行きを表現することが可能となります。

燗酒として設計された
ALPHA 風の森 TYPE5 は、温めることで一層美味しく召し上がりいただけるよう設計いたしました。
ボトルには温度を表示するシールを添付しています。
温める容器に外側からシールを貼り付けて頂き、湯煎をし、外に出した後、容器に貼ったシールが変色している最中にお飲み頂きますと、
その温めた時にのみ現れる個性を存分に味わって頂けます。
(シールは35℃前後で変色します。)


ALC/15.0% もろみ日数/33日
精米歩合/65%
原料米/奈良県産秋津穂米
酵母/7号 無濾過無加水火入酒
ALPHA風の森TYPE5ALPHA風の森TYPE5
商品番号 商品名 単価 購入数
17776 ALPHA   風の森
TYPE 5   720mL
1500円
+税
カートに入れる
■クール便:  この商品はクール便必須です
 クール便の説明、クール便の指定ページ
その他風の森ラインナップ    カートの中を見る
はじめての方へ 新着情報 商品一覧 ご注文の方法 お支払いの方法
送料について お問い合わせ 当店までの地図 通信販売に基づく表示 ギフトコーナー

真美の郷 銘酒処
米惣よしむら
〒635-0822               
奈良県北葛城郡広陵町平尾700−3
TEL 0745−55−1101
FAX 0745−55−1102

月曜定休日
E-mail : info@komesou.com